FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の研修 〜三島・天城〜 最終回

秋の研修 〜三島・天城〜 その1
秋の研修 〜三島・天城〜 その2
秋の研修 〜三島・天城〜 その3


天城カントリー工房の工場をご紹介したいと思います。
大人が毎日楽しめるような、遊び心と挑戦心に溢れる楽しそうな場所でした!

DSC04641th_th_.jpg

敷地内にあるツリーハウスです

DSC04647th_th_.jpg

スタッフEとスタッフKで頂上まで登ってみました!
まわりの山々が迫ってくるようで気持ちの良い場所でした。
はしゃいでいる私たちを撮影してくれている土屋さんを撮影した1枚です。


P1070083th_th_.jpg

こちらは製塩室。
満月、満潮の時の海水を、工場ででた廃材を燃料に塩をつくります。
この塩は、普通の塩と違い、食べると塩辛さがなくやわらかいまるい味わいが楽しめます。


DSC04623th_th_.jpg

こちらは、木材を燻蒸するところです。こちらもお手製です。
新築だけど古材のような風合いをだしたい!という方におすすめだそうです。
木材が古材の風合いに生まれ変わります。


DSC04639th_th_.jpg

そして打合せスペースにあるキッチンカウンター。
キッチン部分だけ床が一段さがっており、
なんだか所長がバーのマスターのように見える1枚です。


他にもご紹介しきれない位たくさんのものを見せていただき、
教えていただきました!
天城カントリー工房の土屋さんのお父様のお話しもとても楽しくて時間を忘れてみんな興味津々で見学しました!


今回ご協力いただきました天城カントリー工房 土屋さん、お父様、
本当にどうもありがとうございます!!!

天城カントリー工房のページはこちらです!
是非ご覧下さい。






スポンサーサイト

秋の研修 〜三島・天城〜 その3

いよいよ天城カントリー工房 見学編です。

秋の研修 〜三島・天城〜 その1
秋の研修 〜三島・天城〜 その2

DSC04603th_th_.jpg

雰囲気のあるたたずまいです。
工場、設計室、打合せ室があります。

DSC04610th_th_.jpg

工場です。
ここで、KIBAKO (きばこ) が製作されています。
見学した日も製作中のものと、出荷準備状態のものがありました。

DSC04610th_th_.jpg

P1070082th_th_.jpg



KIBAKOのショールームです。

P1070087th_th_.jpg

P1070090th_th_.jpg

面積はワンルームかワンルーム+ロフトなので大きくはないのですが、
壁にデスクが折りたたんで収納できるような工夫があったり、
外にデッキを設けてデッキまでを一体として内部と外部を連続して使用したり様々な使い方ができそうです。

ちょっとリッチな雰囲気や、
アウトドアなざっくりとした雰囲気までインテリアや色合いによって表情が自由自在、
という印象を受けました。

天城カントリー工房のホームページに詳しく掲載されています!


長くなってしまったので、更に続きます!



秋の研修 〜三島・天城〜 その2

その1からすっかり時間があいてしまいました。

秋の研修 〜三島・天城〜 その1

お昼ご飯は、新鮮な海鮮とかき揚げをいただきました。
地元では有名!というかき揚げです。

P1070054th_th_th_.jpg

すごい迫力です。
このかき揚げがどーーーーんとのった、かき揚げ丼!
ごはんまで辿り着くのに苦労・・・しながらも、スタッフYが美味しそうに食していました。

生の桜エビや生しらすがのった海鮮丼です。
生桜エビは静岡でしか頂けない静岡名物です。新鮮な証拠ですね。

DSC04562th_th_th_.jpg


お腹も満足した後は、世界遺産で話題のあの場所へ行きました。

DSC04575th_th_th_.jpg

韮山反射炉です。

P1070063th_th_th_.jpg

鉄骨のブレスは耐震補強工事のために後から建てられたもので
当時は漆喰塗りの白亜の塔だったそうです。

続いて、韮山反射炉の近くにある江川邸です。
こちらは重要文化財に指定されている建物です。
内部に入ると広い土間がありますが、土間の天井軸組が・・・

P1070071th_th_th_.jpg

DSC04584th_th_th_.jpg

圧巻です。
こちらの邸宅は、生きた木をそのまま建築に取り込んで柱として使用した生き柱など
見所がたくさんあります。

DSC04587th_th_th_.jpg

ガイドさんから江川邸の当時の様子や、
これまでの変遷などを教えていただきました。


次回はいよいよ最終回。
天城カントリー工房見学編です!!





秋の研修 〜三島・天城〜 その1

9月のよく晴れた日に、所長、スタッフ、天城カントリー工房の土屋さんと
静岡県の三島・天城へ行ってきました。

「三島の柿田川湧水を散策、韮山反射炉を見学後、
東伊豆を経由して天城カントリー工房を見学!」

というのが今回の大まかな行程でした。


朝、三島駅に集合し
駅前で三島の地図を見ながら・・・

三島に来て三嶋大社に行かないのは勿体ない!!!ということで、、
いきなり予定変更。
先ずは三嶋大社へ行きました。

P1070027th_th_th_.jpg
参道

P1070029th_th_th_.jpg
由緒正しき巨木。うろになっていますが生命力を感じます。

P1070030th_th_th_.jpg
天然記念物に指定されている金木犀。
枯れてしまっている部分も多かったですが新しい芽もでていました。

三嶋大社にある樹木は、巨大なものが多くそれだけ歴史を感じます。

DSC04529th_th_th_.jpg
本社を前にみんなで記念撮影。
良い日だったようで、結婚式をされている方もいらっしゃいました。

DSC04536th_th_th_.jpg
富士山からの雪解け水、三島の湧水のことを所長に教えてもらい、、、


続いて柿田川湧水へ向かいました。

柿田川湧水は三島駅から程近い場所、国道のすぐ脇にあります。
富士山に積もった雪が融け、地下水脈となり長い時間を掛けて湧水群として現れます。
その量は、1日約100万立米にもなるそうです。
延長わずか1.2㎞の日本一短く、日本一美しい一級河川です。

2015年の都市梱包工房の年賀状でもご紹介した川です。

P1070050th_th_.jpg

DSC04539th_th_.jpg
川の始まりの場所です。


DSC04548th_th_.jpg
暑い日だったので冷たい清流で水遊びをしているのを見かけました。


P1070041th_th_.jpg
透き通る清流で、美しい水のそばでしか生殖できない動植物たちの生きる場になっています。


DSC04552th_th_.jpg
エメラルドグリーン色です。
実際に目にした色は光りに当たりキラキラと輝いていてもっと深い色をしていました。




その2へつづきます!








隅田川花火大会

先週の土曜日に開催された隅田川花火大会に行ってきました。

現在工事中の「錦糸町第2ビル」を施工してくださっている岡建工事さんの
本社、屋上で鑑賞させていただきました。

岡建工事さんの会社は第2打ち上げ会場の目の前、
屋上は年1回の隅田川花火鑑賞のために、ひな壇上に設計されており
正真正銘 絶好の花火鑑賞スポットです。

P1060191th_th_.jpg

IMG_3332th_th_.jpg


それではここで、副社長さまにご説明いただいた隅田川花火の歴史を少し。


隅田川花火の起源は、
江戸時代に起きた大飢饉と疫病による多くの犠牲者への慰霊と悪霊退散を願い
水神祭を行った際、周辺の料理屋が花火を打ち上げたことだそうです。

この時は両国で行われており、
その後も両国の「川開き」として昭和36年まで花火を打ち上げていたそうです。

交通事情の悪化などで中止になっていた花火大会を
上流に打ち上げ場所を移動し昭和53年に復活させたのが、
現在の「隅田川花火大会」です!

花火は本当に絶景で、周囲からも歓声があがっていました!

P1060209th_th_th_.jpg

IMG_3375th_.jpg

IMG_3368th_.jpg

林立するビル群を背景に観る花火は東京特有ですね。


花火打ち上げ後のスカイツリー

IMG_3393th_.jpg

素晴らしい場所で花火を観させていただき、感謝感謝です。

錦糸町の現場も竣工目前、ラストスパートも更に気を引き締めてがんばります。



オマケ
まだ陽が落ちきらない西日を浴びながら・・・花火へ向けて心の準備中の1枚。

IMG_3329th_.jpg

夏の夜に外で頂く生ビールは最高ですね!(スタッフ E.Y談。)




プロフィール

都市梱包工房

Author:都市梱包工房
東京 代々木にある設計事務所です。
私達の創作活動の基本理念は、皆様の未来と、その大いなる夢の実現を一緒に目指すことです。そして私達の求める未来や夢とは、皆様と共有できる楽しく潤いに満ちた社会を築くことです。
住まいに対して楽しく住まう「楽居(らっきょ)」の想いを掲げております。
小規模リフォームから大規模新築までお気軽にご相談下さい。

http://www.toshikon.co.jp/index.html

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。